vio脱毛を医療脱毛クリニックの選び方

脱毛

  1. 通いやすいか
  2. クリニック院の移動が自由
  3. 予約が取りやすい
  4. 脱毛レーザー機器の種類
  5. アフターケアは充実しているか
  6. 追加料金は発生するのか
  7. 実績がある
  8. 剃り残しのシェービング代は

といった点は基本事項ですので、必ず確認しておきたいところです。

 

vio脱毛を医療脱毛で行うメリットは?

クリニックとエステとの違いは、脱毛方法の違いです。

 

クリニックは医療用レーザー脱毛機を使用し、エステは、業務用フラッシュ脱毛機を使用します。

 

クリニックのレーザー脱毛機は60ジュールまで出力することができますが、エステのフラッシュ脱毛機は最大でも20ジュール以下の出力しかありません。

 

なので、短期間で永久脱毛できるのはクリニックのレーザー脱毛機ということになりますね。
また、永久脱毛の効果が高いのもポイントでしょう。

 

医療脱毛で使われているレーザー脱毛機は主に2種類

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーです。

 

VIOは、デリケートな部分なので、できるだけ痛みの少ないレーザーで施術したいですよね。
そこで、この2つの脱毛器の特徴や違いを調べてみました。

 

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザー
脱毛効果

共にさほど効果に違いはないのですが、ダイオードレーザーの方が照射範囲が広く、打ち漏れが少ないと言われています。

 

また、アレキサンドライトレーザーは、コラーゲンを促進する働きがあるので、美肌効果に繋がると期待されている脱毛器です。

 

痛みはどうか

ダイオードレーザーライトシェアデュエットは、先端に冷却装置が付いているので、痛みが少ないと言われていますが、実際は結構痛いようです。

 

吸引しながら照射されるので、余計に痛みを感じるようですね。
でも、その分顔などの細い毛に効果が高いのも特徴です。

 

一方、アレキサンドライトジェントルレーズは吸引せ照射後に冷却ガスが出るタイプなので、意外と熱さは感じないようです。肌トラブルの少ない脱毛器です。

 

で、結局どれがいいのか...

それぞれ脱毛器の特徴もありますし、痛みには個人差があります。
ですから、どちらが痛くて痛みが少ないかは一概には言えません。

 

効果もほとんど変わりませんので、あとはご自身の毛質なども考えながら選ぶことになりそうです。

 

ちなみに、細い産毛にはダイオードレーザー、太い毛にはアレキサンドライトレーザーが基本になると思います。

 

当サイトでピックアップしている、脱毛機器は以下で記載中!
クリニック別レーザー機器の比較