VIO医療脱毛におすすめな脱毛器ってあるの?

脱毛機器

 

VIO医療脱毛に使われている脱毛器には、色々な種類があります。それぞれの脱毛器には違いがあるため、「VIO脱毛用機器」と一括りに扱うことができません。自分の肌や毛の質に合う機器を扱っているクリニックを選ぶことが大切です。

 

そこで、VIO医療脱毛におすすめな脱毛器を、毛や肌の質・目的別にまとめました。

 

VIO脱毛!短期間で確かな効果が欲しいなら、アレキサンドライト

VIO医療脱毛機器

 

「できるだけ短い期間で確かな効果が欲しい」という場合は、アレキサンドライトがおすすめです。

 

アレキサンドライトは、世界中の医療脱毛の現場で最も使われている脱毛器です。更に、厚生労働省からも認可を得ているため、安全性や効果には、一定の信頼があります。

 

アレキサンドライトは、レーザーの照射範囲が広いため、少ない照射回数で施術を終えることができます。そのため、早く効果を実感したい人や、忙しくて時間がない人にピッタリです。

 

そして、どんな施術者が扱っても、一定の結果を出すことができるので、施術効果の高さも期待できます。また、機器が肌にあまり触れないため、VIOエリアのようなデリケートな場所でも、不快感を感じずに施術を受けることができます。

 

ただし、施術中に痛みを感じてしまうことが多いのも、アレキサンドライトです。そのため、痛みに弱い人はストレスを感じるかもしれません。また、メラニン色素に強く反応するため、日焼けしている人や、肌に黒住がある人には向かない脱毛器です。

 

色黒な人や剛毛な人におすすめなのVIO医療脱毛器はヤグレーザー

色黒な人や、VIOエリアの肌に黒ずみがある人には、ヤグレーザーがおすすめです。

 

ヤグレーザーは、「皮膚の奥深い部分にレーザーが行き渡る」というタイプのものです。日焼けや黒ずみなど、肌表面で起きているものには、ほとんど反応しません。そのため、色黒の人や肌に黒ずみのある人には、最もむいている脱毛器です。

 

また、ヤグレーザーは、肌の奥深くまでレーザーが行き届くため、太い毛や根の深い毛でも脱毛可能です。そのため、ヤグレーザーは、「剛毛なのが悩み」という人にもおすすめの脱毛器です。

 

ただしし、肌の奥深くまで行き渡る強いレーザーなので、かなり痛みが強く出るというデメリットがあります。そのため、痛みに弱い人は、麻酔をしてもらうなど、前もった工夫が必要になります。

 

更に、強い出力のレーザーゆえに、肌への負担も強くなります。そのため、施術後、肌が炎症を起こす場合があります。

 

肌が弱い人・痛みに弱い人にはダイオードレーザーがおすすめ

肌が弱くて荒れやすい人や、痛みに弱い人におすすめしたいのは、ダイオードレーザーです。

 

ダイオードレーザーは、VIO医療脱毛の脱毛器の中でも、最もマイルドなレーザーだと言われています。ダイオードレーザーは、毛根部分の比較的浅い部分である「毛包」にレーザーを当てるタイプの脱毛器です。毛根の奥にまでレーザーを行き届かせるタイプのものよりも、出力レベルが低いため、肌への負担が少なく、痛みもあまり出ないのです。

 

なので、「肌がデリケートなので、肌荒れが心配」「痛みが我慢できない」という人におすすめです。

 

ただし、出力レベルが低い分、なかなか目に見える効果が出ないという難点もあります。もちろん、最終的にはきちんと効果を出すことができますが、他の脱毛器に比べて、効果を実感するまでに、少し時間がかかるようです。

 

また、「痛みが少ない」と言っても、「痛みがゼロ」というわけではありません。なので、「痛みがない」と期待し過ぎてしまうと、施術中に少しつらい思いをしてしまうかもしれません。