痛みが弱い人にVIO医療レーザー脱毛をおすすめる理由は?

VIOとはV(ビキニライン)I(陰部の両側)O(肛門周辺)のこと。
医療脱毛では照射力の強いレーザーを使用します。

 

照射力が強いということは、痛いと感じることが多いということです。
ではなぜVIO脱毛が特に痛いといわれるのか。

 

レーザー脱毛のメカニズムと痛みについて

レーザー脱毛は光による熱を利用します。
ムダ毛の黒い色に反応する特殊な光をあてるのです。

 

特にVIOは女性の大事な部分なため毛が濃い場合が多いです。
また、とてもデリケートな部位のため、痛いと感じやすいです。

 

特に生理の前後は肌が普段よりも敏感になります。

 

医療脱毛を受ける場合、そのような時期もさけるのがよいでしょう。

 

また乾燥などによる肌の水分量の違いで痛みも変わってくるといわれており、痛みを感じる理由は様々です。

 

またレーザー脱毛は一回の照射ではおわりません。
VIO全て照射しおわるまでに数十回は光をあてなければなりません。

 

つまり、その回数分痛みが続くわけです。

 

しかし脱毛完了まで毎回痛みが続くわけではありません。
脱毛の回数を重ねていく毎に毛は薄くなっていきます。

 

最初の何回かは痛いと感じるかもしれませんが、段々とその回数が少なくなるわけです。

 

医療脱毛のメリット

医療脱毛東京

 

それでも医療脱毛は痛いから…と言う方には部分麻酔を提供しているところもあるので、そのようなサービスも調べてみるとよいでしょう。麻酔を使えば痛いと思うことが格段に減るはずです。

 

また医療脱毛の場合、しっかりとした医師のサポートを受けることができます
VIOはとてもデリケートな部分です。

 

何かトラブルが起きたとき、美容脱毛のサロンなどでは対応しきれない場合もあります。
その点医療脱毛なら、しっかりとした説明やサポートがついてきますので、安心です。

 

何かあれば無料で処方薬も出してくれます。

 

医療脱毛は激痛と言われがちですが、回数を重ねればその痛みも少なくなります。
また、照射力が強い分、治療回数も美容サロンに比べて格段に少なく、医師のサポートもあります。

 

エステ脱毛でも痛みはあるので、総合的に見ると、最初の数回さえ乗り越えれば、医療脱毛のメリットは大きいのではと思います。

 

エステ脱毛と医療脱毛、VIO脱毛に必要な回数と期間を比較

 

では、VIO脱毛するのに、どのぐらいの期間、通えばよいのでしょうか?

 

まず、エステ脱毛というのは、毛の成長サイクルに着目し、光を広範囲に照射することで成長期の毛の成長を止める、という方法ですので、これを繰り返して、徐々に成長する毛をなくしていきます。

 

そのため、毛量によりますが、回数や期間はかなりかかります

 

エステ脱毛では、12回コースや18回コースなどを設けています。

 

やはり、毛の成長サイクルに合わせて施術した方が効果が出る、ということから、数か月に1回くらいのペースで行った方がよい、ということもあり、効果を実感するまでは1年くらいはかかると思った方がよいでしょう。

 

対して、医療脱毛ですが、こちらは、毛根に直接レーザーを照射することで、毛根の働きを止める、という方法です。
そのため、5回コースや9回コースなど、コース自体も少なく設定されています。

 

また、生理前後を除けばよいだけなので、早めに終わらせたいという人は、医療脱毛の方が少ない回数と期間で終わるのではないでしょうか。

 

回数と期間だけみると医療脱毛の方がよいように見えますが、どちらにも特徴がありますので、事情にあわせて選んでみてください。

 

医療脱毛は、保険が効きませんので、予算があって、脱毛の結果を短縮したいのなら医療脱毛が良いでしょう。
また、痛みに弱い人も緩和剤が使える医療脱毛がおすすめです。

 

 

VIO脱毛東京