VIO脱毛!自己処理の危険性について

vio自己処理方法

エステにしても医療機関に通うにしても、場所が場所だから知らない人に見られるのはあまりに恥ずかしい、とVIOを自己処理されている方、いらっしゃいますか?

 

正しい方法で自己処理できれば良いのですが、処理方法にもよりますが、肌の敏感さがカラダの他の部分とは全く違います

 

以下で、自己処理方法の注意点を記しましたので、参考にしてみてください。

 

一般的なvioの自己処理方法

 

除毛クリームでvioを自己処理

最近は、除毛クリームでvioを処理できるクリームもあります

 

しかし、一見危なくなさそうな除毛クリームですが、実はかなり、肌を痛める危険性もあります。
除毛クリームというのは、毛を溶かす方法なので当然肌への負担も大きいです。

 

そのため、使用する前にパッチテストをして問題がないか確認してから使用すること。
そして、使用後は充分に洗い流し、保湿ケアを忘れないでください。

 

除毛クリームを使用する場合は、デリケート部分も対象になっているクリームを使用してください。

 

毛抜き処理

毛抜きで抜くのは痛すぎて、私なら抜く勇気はありません(笑)。
皮膚もピンと張っていない場所なので、毛抜きでは難しいでしょう。

 

万が一毛抜きで抜けたとしても、毛穴にばい菌が入って炎症を起こしたりしたら、結局、皮膚科や婦人科に行ってみてもらわないとなりません。

 

カミソリで処理

また、案外怖いのはカミソリです!

 

まず、ヘアを1cmくらいの長さまでカットしてから、シェービングクリームを使って剃ります。
ですが、鏡を見ながらでも、自分ではよく見えませんよね。

 

ましてIOの部分はまったく見えません。(やらないと思いますが^^; やっちゃダメですよ!!)
また、皮膚が複雑に入り組んでいるので、カミソリで剃ることは無理です。

 

手元が狂ったら、それこそ大ケガをしてしまいます。
やはり、VIO部分を自分で処理するのは、リスクがあるといえます。

 

手軽にできるおすすめな自己処理方法

自己処理を行うのであれば、はさみでカットするのが一番安全でしょう。
眉毛カットなどの小さめのはさみを利用して、Vラインの周辺のみをカット

 

キワの部分はダメ!ですが、Vライン長さの調整は可能です。

 

とは言え、見た目はちょっと汚いかも知れません^^;
黒い毛穴のポツポツは目立つので。

 

なので、vioは抵抗あるって人でも、Vラインはできればプロにお任せした方が良いですね。
vio医療脱毛!東京で思っていたより安いおすすめのクリニック